スマートピープルのSDGsプロジェクト/次世代の素材リサイクルレザー

サックスバーが提案する環境への取り組み、リサイクルレザー

SMART PEOPLE SDGs プロジェクト次世代の素材リサイクルレザー


近年注目されているエコ素材のリサイクルレザー。 合成皮革とは何が違うのでしょうか?
合成皮革は、ほぼ100%合成樹脂(ポリウレタンや塩化ビニール)でできていますが、リサイクルレザーは天然皮革の端材を集めて樹脂で固めて造られたものです。 アメリカやヨーロッパなどは、環境保全などの意識が日本よりも高く、リサイクルレザーの製法は約70年前から始まっていると言われております。サックスバーでは、貴重な天然レザーを再利用し、環境にやさしい素材でバッグを製作することで、SDGsに貢献しています。

本革製品として様々なものが作られていく中で、どうしても革の端切れが生まれてしまいます。 今までは廃棄していたそんな端材を粉砕し、ウレタン材を混ぜてシート状に形成、さらに表面にウレタン樹脂を貼り付けます。 完成したリサイクルレザーの表面はまさにレザーの趣で、とても柔らかく弾力性のある素材となっています。 さらに、本革を使用しているため本革に近い強度がある上、本革に比べてリーズナブルなのもメリットです! 本革生産に比べ、水の使用量や二酸化炭素排出量なども軽減できるので環境への負荷が少なく、昨今のSDGsへの取り組みに欠かせない製品といえます。

本革やスプリットレザーは形が歪で、皮ごとにバラつきがあり、歩留まり(原料の投入量から期待される生産量に対して、実際に得られた製品生産数の比率)が悪いのに対し、リサイクルレザーは反巻きの状態のため、歩留まりが良いのが特徴です。廃材を使うという再生品なので環境、動物に優しいのはもちろんのこと、ロスの少ないエコロジカルな素材です。

リサイクルレザーのデメリットとしては、本革のように経年変化を楽しめない点が挙げられますが、一方で、本革にはできなかったビビッドカラーを楽しむことができます!表面にウレタン樹脂を貼り付けてあるため、高発色の染色が可能で、価格も本革に比べてリーズナブルなのがポイントです。

さりげない光沢感をまとう裏地と、箔押しのネームタグがシンプルな大人のイメージを演出しています。収納ポケットが充実していて使い勝手が良い上、レザーなのに軽いというのがポイントです!品があって日常使いしやすいリサイクルレザーは、ON/OFF どちらにも、とてもおススメです。

ITEM DETAIL

SMART PEOPLEのリサイクルレザーバッグ

TOTE BAG

No. SPY2-01
W34×H33×D14cm

¥ 14,300 税込 (本体 ¥13,000 )

SMART PEOPLEのリサイクルレザーバッグ

2WAY TOTE BAG

No. SPY2-02
W28×H33×D12cm

¥ 13,200 税込 (本体 ¥12,000 )

SMART PEOPLEのリサイクルレザーバッグ

2WAY TOTE BAG

No. SPY2-03
W29×H22×D13cm

¥ 12,650 税込 (本体 ¥11,500 )

SMART PEOPLEのリサイクルレザーバッグ

DAY PACK

No. SPY2-04
W29×H38×D10cm

¥ 13,200 税込 (本体 ¥12,000 )

SMART PEOPLEその他アイテムはこちら

SMART PEOPLE商品の売上の一部は、オスマン・サンコン氏が日本の斬新なアイデアとデザイン製品を紹介し、その売上の一部でアフリカを支援する「サンコンプロジェクト」へ寄付をさせて頂きます。

トップへ戻る